外壁の選び方

外壁は、家の印象を大きく左右します。

とても重要な要素の一つである外壁は、
デザイン性と機能性を兼ね備えることが出来ると良いのですが、
価格やメンテナンスなども考慮し、総合的に決めていく必要があります。

外壁の素材の選び方

外壁の素材を選ぶときは、
「色」、「耐火性」、「耐水性」、「耐候性」、
「デザイン」がポイントになります。

さまざまな素材があり、自由にデザインしやすいものは
比較的価格が高く、施工時間も長くかかります。

外壁の価格

外壁の価格は、初期にかかるイニシャルコストだけでなく、
メンテナンスを前提としたランニングコストも考慮しておかなければなりません。

外壁のイメージ

ショールームで見た場合と、太陽の下で見た場合とでは、
外壁のイメージが大きく異なることがあります。

大きさによっては、色の鮮やかさや明るさも変わることもあります。

可能であれば、住宅会社やメーカーに相談し、
採用しようと思っている外壁を入れた場合の
外観パースを作ってもらうと良いと思います。

外壁の工法

外壁の工法には、大きく分けると「乾式工法」と「湿式工法」の2つがあります。

「乾式工法」と「湿式工法」は、どちらも特徴があります。

メリットとデメリット、それぞれの工法の種類を知り、
自分の家の外壁をどうするか検討してみてください。

乾式工法

乾式工法は、工場で生産されたパネルや合板などを
現場で取り付けする工法です。

乾かす必要がなく、天候に左右されないので、
工期を短縮することができます。

また、製品は工場で生産されるので、
品質管理がしやすいというメリットもあります。

ただし、自由度が狭くなります。

湿式工法

湿式工法は、現場でモルタルや土などに水を混ぜながら作った材質で
外壁を仕上げていくという方法です。

湿式工法は、材料を塗る作業は勿論、
乾かすための養生期間が必要です。

ですから、どうしても工期が長くかかってしまいます。

また、職人の技量がそのまま出来に反映するので、
腕の良い職人さんにやってもらうというのが重要な条件になってくるでしょう。

ですが、材料の種類や調合方法によって、
質感や雰囲気をどのようにも調整することができるので、
自由度がひろがります。