キッチン

キッチンは、家事に従事する人が最も長くいる場所です。

選ぶキッチンのタイプによって、動線が大きく異なりますから、
リビングやダイニングの広さや位置関係を含め、
設計段階からどのタイプにするかをじっくり検討しましょう。

キッチンのデザインキッチン①

キッチンの主流のデザインは、4つあります。

I型

最も一般的です。
動線はシンプルですが、調理スペースが少ないです。

L型

効率的な趙理ができるタイプです。

I型と比べ、調理中の動きが少なくて済みます。

U型

調理スペースは広く取れますが、
設置するためには広い空間が必要です。

アイランド型

設備の一部をアイランド(島)のように
独立させた形です。

ホームパーティーをする人に最適なタイプです。

キッチンの高さ

キッチンでは、料理を作るというイメージが強いですが、
炊事で最も時間を費やす作業は「洗う」と言う作業です。

ですから、この「洗う」と言う作業を考え、
キッチンの高さを選ぶことが必要です。

システムキッチン

システムキッチンは、収納も完備されます。

仕様は完成されていると思っても、
早い段階から検討すれば組み込めるものもあります。

たとえば、食器や炊飯器、電子レンジ、ポット等の家電、
保存食品やゴミ箱などを人目につかないように収納できますし、
食器洗い乾燥機をビルトインする事もできます。

プラスαすることによって、オシャレで便利なキッチンになります。

興味がある人は、担当の設計者に相談してみましょう。