クロス選びのポイント

クロス(壁紙)は、大きく分けると
「紙壁紙」、「織物壁紙」、「ビニール壁紙」の3つあります。

特にビニール壁紙は、丈夫で長持ちし、
実用性も高く、不燃性、抗菌性、通気性、消臭性、
吸放湿気性などの機能性に優れます。

ですから、ビニール壁紙は、90%の割合で用いられ手います。

クロス(壁紙)の主なバリエーション

石目調

天然石の素材感を表現した壁紙で、土壁の温かさや、
塗り壁の優しい表情を持っている壁紙です。

織物調

さまざまな織りの生地目を表現した壁紙です。

落ち着いた感じを出したいときに用います。

和調

和紙や、和風建築の代表的な塗り壁の一つであるじゅらくの持つ、
深い味わいを追求した壁紙で、
趣のある空間を演出することができます。

柄物

爽やかな柄物や可愛い柄等、
バリエーションが豊かです。

カーテン等とのコーディネートを楽しむのも良いでしょう。

部屋にあったクロスの選び方

玄関、LDK

部屋の家具や床材、建具との調和を考え、
無地調や地柄など、シンプルなものを選ぶと良いでしょう。

石目調であれば温かみのある空間を演出できますし、
織物調であれば、ベーシックで落ち着いた雰囲気を演出できます。

水周り

水周りのクロスは、洗面台の色等に合わせると、
柄物を使うことが出来ます。

湿気を気にするのであれば、
耐水性クロスがおススメです。

和室

じゅらく調は伝統的な和室のイメージになります。

明るい色の和紙調や和風柄等のクロスは、
和洋折衷の空間にも素敵です。

天井

天井には、壁クロスよりも少し明るめのものを選ぶと、
天井が高く見え、部屋が広く感じられます。

落ち着きを演出したいときは、
壁クロスよりも暗いものを選ぶと良いでしょう。