窓の種類

窓の種類

窓にはさまざまな種類があり、
開閉方法によって通風や採光、気密性が変わります。

引違い窓

日本で最も一般的に用いられている窓の形です。

採光、通風共に優れ、主に居室で使用されます。

ガラス面積と開閉面積が大きく、
隙間が生じやすいという問題があります。

また、断熱や遮熱性能が劣るという特徴がありましたが、
近年は、サッシの性能がよくなり、断熱性は向上しています。

はめ殺し窓

はめ殺し窓は、開閉できず、掃除が難しいという欠点もあります。

主に明かりとりのために使われる窓で、Fixとも言われます。

形の自由度が高く、角型や丸型など
デザイン性を重視して採用され、
吹き抜けの上部に取り付けられることが多いです。

縦滑り出し窓

縦滑り窓は、左右どちらかを軸にし、一方に開く窓です。

通風・採光に有効で、機密性も良く、
横幅が狭い窓に重用されます。

開閉は、片開きと両開きがあり、
洋風のテイストを出したいときは両開きを選ぶと効果的だといわれています。

内倒し窓

内倒し窓は、室内に向けて倒れるようにして開く窓ののおとです。

手が届きにくいキッチンカウンターのような場所に向いていて、
内側に倒れるので落下防止にも優れています。

外倒し窓

外倒し窓は、外側に倒れる窓の事です。

横滑り出し窓

横滑り出し窓は、サッシの下側が外に向かって開くタイプです。

気密性に優れた窓です。

上げ下げ窓

上下2枚の障子のうち、片方のみが動くタイプを片上げ下げ窓といいます。

上下2枚の障子の両方が動くタイプを、両上げ下げ窓といいます。

上げ下げ窓は気密性が高いので、寒冷地に適しています。

ルーバー窓

ハンドルを回すと、ガラスの羽の角度を変えて開閉する窓を
ルーバー窓といいます。

ルーバー窓は通風量は多いのですが、
気密性に劣り、防犯性が低いのが欠点です。

折りたたみ窓

回転窓