ガラスの種類

ガラスの種類

透明板ガラス

透明板ガラスは、フロート版ガラスとも言われる一般的なガラスです。

居室など採光をよくしたい部屋に用います。

すり板ガラス

すり板ガラスは、フローとガラスの片面に
すり加工を施した半透明ガラスです。

視線をさえぎることができ、光を取り入れることも出来るガラスで、
プライバシーを重視したい部分に用います。

型板ガラス

型板ガラスは、片面に型模様をつけ、光を通し、
視線をさえぎるガラスです。

化学的性能は透明板ガラスと変わりません。

北側の窓に用いられることが多いです。

網入りガラス

網入りガラスは、金属製網を封入した板ガラスです。

防火戸に使用され、割れたときにガラスが落ちにくいというメリットがありますが。

しかし、割れても大きな音がしないので、
空き巣に狙われやすいとも言われます。

強化ガラス

強化ガラスは、一般的な普通板ガラスと比べて3~5倍の強度があります。

耐熱ガラス

耐熱ガラスは、温度変化に強いガラスです。

コンロ付近の壁などに採用される事が多いです。

LOW-Eガラス

LOW-Eガラスは、ガラスの表面に特殊なコーティングを施し、
熱伝導をしにくくしたガラスです。

殆どは、複層ガラスと共に採用され、
取り付け方法によって外からの熱をさえぎる「遮熱タイプ」、
室内の熱を逃がしにくくする「断熱タイプ」があります。

また、LOW-Eガラスには、紫外線を防ぐ効果もあります。

真空ガラス

真空ガラスは、2枚のガラスの間に、真空層を設けたガラスです。

真空層が熱を伝えないという原理を活かし、
断熱性を高める特徴があります。

1枚ガラスしか利用できないアルミサッシにも、
ガラスの交換だけで簡単に装着することができます。

メリットの多いガラスですが、とても高額です。

複層ガラス

複層ガラスは、ガラスとガラスの間の中間層に
乾燥空気等が封入されているガラスで、
高い断熱性があります。

その断熱の効果は、空気層の厚さによってことなりますが、
遮音性は期待できないので、防音を重視するなら、
二重サッシを採用したほうが効果的です。

防犯ガラス

防犯ガラスは、フィルムを貼ったガラスです。

熱反ガラス(熱線反射ガラス)

熱反ガラス(熱線反射ガラス)は、店舗などで使われる
鏡のようなガラスです。