断熱材の選び方

断熱材は、快適な済み心地を実現する際、
とても重要な役割を果たすものです。

断熱材は、外気温の影響を和らげ、
室内の温度を一定に保ちます。

そして、冬は寒さから守り、夏は熱気を遮断します。

ですから、効果の高い断熱材の使用は、
快適さが得られるだけでなく、冷暖房費の節約にもつながります。

また、結露を防ぎ、家の寿命を延ばし、
シックハウス症候群の原因とされるカビやダニの繁殖も抑えることができます。

ですが、断熱性能が低いと、
暖房をしている部屋の天井と床の温度差が大きくなり、
快適感を得ることが出来なくなります。

さらに暖房をしていなければ、
部屋と風呂や脱衣場、トイレ等の水周りとの温度差により
ヒートショックを起こして脳梗塞や心筋梗塞を招くリスクも高くなります。

断熱工法

住宅の断熱工法には、「充填断熱」や「外張り断熱」などがあります。

充填断熱

充填断熱は、柱と柱の間に断熱材を入れる方法です。

柱と柱の間に断熱材を入れるので、
外張り断熱と比べると断熱材を厚く入れることが出来、
比較的建築コストを抑えることもできます。

外張り断熱

外張り断熱は、断熱材を柱や梁などの構造躯体の外側に貼る方法です。

断熱材の中に構造躯体を入れるので、
外部の環境から躯体を保護することができます。

充填断熱に比べると、柱や梁などの耐久性が上がり、
施工しやすく気密がとりやすいという特徴があります。

断熱材の種類

無機繊維系断熱材

グラスウール、ロックウール

発砲プラスチック系断熱材

硬質ウレタンフォーム、ビーズ法ポリスチレンフォーム、押出法ポリスチレンフォーム

天然素材系断熱材

セルローズファイバー、インシュレーションボード、羊毛断熱材、炭化発砲コルク

*断熱材で最もポピュラーなのは、グラスウールなどです。

サッシ

サッシも断熱に効果を発揮します。

外気の影響を受けやすいアルミよりも、
樹脂複合サッシが良いでしょう。