屋根の選び方

家の印象を大きく左右する屋根。

この屋根を複雑な形にして、
おしゃれな住まいにしたいと考える人も多いでしょう。

ですが、屋根の形状は、複雑にすればするほど
強度と防水性が低くなり、コストが高くなります。

デザイン性を重視するのであれば、
コストは覚悟しなければなりませんし、
同時に屋根の機能が損なわれないように注意する必要があります。

屋根の形状

屋根の形状には色々あり、それぞれ特徴があります。

一般的な屋根といえば、切妻と寄棟です。

また、若い世代を中心に、モダンな印象を与える片流れ屋根や、
陸屋根も多く採用されています。

それでは、屋根の形状についてみていきましょう。

切妻(きりつま)

切妻は形がシンプルなためコストを抑えることができます。

和洋、どちらにも合うため多くの住宅で採用され、
雨仕舞いが優れています。

寄棟(よせむね)

寄棟は構造上頑丈なため、人気があります。

和洋、どちらにも合うので多くの住宅で採用され、
頑丈で耐久性に優れています。

台風にも強いといわれています。

真上から見て正方形のものを「方形(ほうぎょう)」といいます。

入母屋(いりもや)

主に和風住宅で採用されます。

重厚で格調高い印象を与えます。

ややコストが高いです。

片流れ(かたながれ)

モダンで個性的な印象を与える屋根です。

換気の工夫が必要な事、ややコストが高いという特徴もあります。

マンサード

ヨーロッパ調の屋根です。

屋根裏を広く取ることができます。

陸屋根(ろくやね)

屋根を庭園や運動場として利用することができます。

ただし、雨水処理が難しいため、
木造住宅の屋根には適しません。

屋根の材質の選び方

屋根の材質を選ぶときは、デザインだけでなく
建物の構造や建てる地域の気候を考慮した上で選ぶ必要があります。

屋根の最も重要な役割は、暑さや寒さ、雨をしのぐ事、
家を守る事です。

ですから、雨水が建物の内部へ侵入するのは防ぐ必要があるため、
「雨仕舞い」のよさを第一に考え、
耐震性、デザインの自由度、価格等をあわせて検討しましょう。

金属屋根材

屋根材として、ガルバリウム銅板などの金属屋根材があります。
ですが、断熱性や遮音性が低い事、
腐蝕や色あせも起きてくるというデメリットがあります。

ストレート

石綿やコンクリート系の素材を使った屋根材です。

ストレートは、かわらに比べて軽いだけでなく、
耐震性にも優れます。

また、色やデザインのバリエーションが豊富です。

さらに、比較的価格が安く、
施工が簡単で工期も早いというメリットもあります。

ただし、塗膜のはがれ、色あせが生じやすく、
それがコケやカビの原因になるというデメリットがあります。

日本の屋根というと、瓦屋根と言うイメージが根強いですが、
重量と雨仕舞いの悪さ、また、地震に弱く、
ずれたり落ちたりする恐れがあるということから
最近は敬遠されつつあります。

瓦を採用するのであれば、耐力壁を多めにし、
雨仕舞いの良い屋根形状を選択することが必要です。