湿式工法の種類と特徴

吹き付け

吹き付けは、モルタルを下地に、
リシン、スタッコなど樹脂系の塗料を吹き付ける外装仕上げです。

左官仕上げのリシン落としのような風合いや、
ローラーやこてでスタッコ状の模様を施したもの、
下塗り、主材、上塗りの複層の仕上げなど、
さまざまな表情を作ることが出来ます。

ただし、年が経つにつれて劣化し、
ひび割れが出て雨水の浸入があるので、
再吹き付けが必要です。

左官(塗り壁)

各地域で産出される可能性のある土を主原料とします。

混和材やのり、植物繊維のスサ、骨材などを練り上げて作る土壁、
消石灰を主原料として、海草糊などの糊液とスサを練り上げて作る漆喰、
セメント、骨材、混和材、水を練り合わせたセメントモルタなどがあります。

コテやローラーなどで模様をつけるので、
オリジナリティが出ますが、職人の技術を必要とします。

防火性、耐火性が高く、遮音性に優れるというメリットの反面、
ひび割れ、汚れ等がつきやすい、
品質にばらつきが出るなどのデメリットもあります。

タイル

タイルは、土や石を粉砕して成型し、高音で焼き固めた陶磁器の建材です。

乾式工法のセラミック系デザインにあたるものですが、
吸水率や素材の違いによって、磁器質、せっ器質、陶器質に分けられ、
外壁には、吸水率の低い磁器質とせっ器質のタイルが主に使われます。

色彩や質感がよく、耐久・耐火・耐候性にすぐれ、
メンテナンスはほぼ不要というメリットがありますが、
重量があるので建物に負担がかかりやすく、
施工にも手間がかかるというデメリットがあります。

また、剥離の恐れがあること、高額なことなどから
近年は、乾式工法が主流になっています。

コンクリート打ちっぱなし

コンクリート打ちっぱなしとは、
鉄筋コンクリート作りの構造躯体を、
そのまま外壁に生かした仕上げです。

型枠によって平滑で光沢のあるし狩り、
表情のある杢目(もくめ)模様が可能です。

撥水材で保護すると、コンクリートの表面が美しく保たれます。

耐久性・耐火性が高く、形も自由に出来ます。

ただし、養生や打設によって品質が均一ではなく、
高額で施工に時間がかかるのがデメリットです。

軽量で施工性も良く、商品のバリエーションもたくさんあります。

また、軽量のため、建物に負担がかからないというメリットもあります。

ただし、物がぶつかったとき等に変形したり、
年が経つにつれて色あせや錆がでます。

再塗装が必要です。