乾式工法の種類と特徴

窯業系サイディング

ベースはセメントなどで、繊維質の木片や無機物を混ぜて
プレス形成などで板状にしたものです。

レンガタイル風、自然石風、塗り壁風など、
光触媒、親水性など、
色やデザイン、機能までさまざまなものがあり、
価格なども幅広いです。

品質が安定していて、施工性が良いというメリットがありますが、
年が経つにつれて色あせやつなぎ目のコーキングの切れなどがあり、
再塗装等のメンテナンスが必要になります。

金属系サイディング

ガルバリウム、アルミ、スチール、ステンレス等の金属を成型し、
裏に断熱材を入れた外装材です。

セラミック系

タイル貼りと同じような仕上がりになります。

桟がついた下地パネルに、タイルや石を引っ掛けて取り付けたり、
あらかじめ工場でパネルにタイルを接着加工したりするものがあります。

耐熱・耐水・耐火性に優れ、色あせや劣化の心配もありません。

ですが、パネルのジョイント部分に施されたコーキング材の劣化状況を
定期的に確認し、ヒビや割れがある場合は補修が必要です。

補修にかかる金額は高額です。

ALC

主原料は石灰質原料と珪酸質原料です。

この主原料に発泡剤や混和材を混合して形成し、
養生硬化させた多孔質の軽量気泡コンクリートのパネルを作ります。

主に鉄骨づくりの床や壁、天井などに用いられます。

断熱性、耐火性に優れ、軽量で加工も容易ですが、
塗装の方法によっては金額が大きく異なります。

また、気泡の部分に水がたまり、吸収されやすいとうデメリットがあります。